2017年に開催予定の展覧会です
会期や内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください
(案内状の写真をクリックすると大きな画像が開きます)

会期 展示作家・内容 案内状 備考
「藍と暮らそう」 
                    New

  17/4/6(木)〜4/16(日)  * 11(火)休廊
佐藤文子 藍染展 【略歴】
1990    藍作農家に住み込み藍の世界に入る
1993    埼玉県羽生市の藍染作家・鈴木道夫氏に師事
        藍の天然灰醗酵建ての維持・管理を学ぶ
1994    湧水をを求めて山梨県都留市の山奥に工房を設立
1995〜   関東を中心にギャラリー、デパートで作品を発表
2010    ART BOX international INC. 出版
       「染。織・ファイバーアート VOL.10 91人が表現する美の世界」
       に記載される
2011, 2013 アメリカ合衆国カリフォルニア州よりSilk Study Tour
        (Ms. Maggie Backman と Ms. Glennis Dolce による企画)
        藍染工房の見学
「ささめく、ひかり」 
                    終了

  17/3/4(土)〜3/12(日)  * 9(木)休廊
竹村聡子/田中遼馬  陶磁 二人展 【竹村聡子】
長野県松本市生まれ。
愛知県瀬戸市にて陶芸を学ぶ。
東京、名古屋、長野県内を中心に個展・グループ展等で発表。
陶芸を始めた頃に観た画家・藤田嗣治氏の“素晴らしき乳白色”の美しさに感銘を受け、白磁土を用いて表現をしていくことを決意。日本人らしい細やかで丁寧な手仕事を心掛けている。

【田中遼馬】
神奈川県横浜市生まれ。
ほんの少しだけ変わっているもの。でもシンプルなもの。使いやすいもの。
和食のような洋食のような普段の食事にあったもの。そして、日常の中でちょっとにっこりできるもの。そんな陶器を制作中。
「季 (とき) を染める」 
                    終了

  17/1/19(木)〜1/29(日)  * 24(火)休廊
石原実 染色展 【略歴】
1972年 東京クラフトデザイン研究所染織工芸科卒業
      東京手描友禅 竹田耕人氏に師事
1979年 石原染色工房設立
【主な受賞】
1996年  朝日現代クラフト展準グランプリ
      札幌芸術の森クラフト大賞(グランプリ)
      伊丹クラフト展優秀賞
1997年  金沢工芸大賞コンペティション大賞(グランプリ)
1998年  高岡クラフトコンペ奨励賞(2000年にも)
2004年  シルク博物館全国染織作品展奨励賞(横浜)
2007年  清州国際工芸ビエンナーレ特選(韓国)
2008年   東京の伝統的工芸品チャレンジ大賞理事長賞(2009年奨励賞)
【主なコレクション】
札幌芸術の森、金沢市、染・清流館(京都市)、リバーアートセンター(USA)
【現在】
(社)日本クラフトデザイン協会・理事
「Studio Rijyu solo exhibion」 
                    終了

  17/1/7(土)〜1/15(日)  * 12(木)休廊
Studio Rijyu 新谷頼子 個展
ヨーロッパのヴィンテージパーツとの出会いからデザイン・制作・提案まで、自らの美意識を大切に活動する新谷頼子さん。今回は、音楽にインスパイヤーされたデザインを中心にご覧頂きます。気品ただよう大人のステートメントジュエリーを、どうぞご堪能ください。



■Home
□2006年展覧会 □2007年展覧会 □2008年展覧会 □2009年展覧会 □2010年展覧会 □2011年展覧会 □2012年展覧会 □2013年展覧会
□2014年展覧会 □2015年展覧会 □2016年展覧会