2016年に開催した展覧会です
(案内状の写真をクリックすると大きな画像が開きます)

会期 展示作家・内容 案内状 備考
「冬の贈り物」 
 − ココロあたたまる手しごとたち

                    終了

  16/12/9(金)〜12月21日(水)  *15(木)休廊
アトリエ倭 ・ 石川優子 ・ ocomoco
田之上尚子 ・ 西本なほ ・ 濱比嘉詩子
matsurica ・ Printemps Pour
年末を彩るシリーズ企画展「冬の贈り物」も、今年で8回目を迎えます。
今回も、選んで楽しく、贈られて嬉しい、ココロあたたまる手仕事の品々をご用意いたします。大切な人へのギフトや自分自身へのご褒美に、特別な冬の贈り物を探しに来ませんか。
「言葉のない日記帳」 
 − 吉田文子 油彩とミニ額展

                    終了

  16/11/17(木)〜11月27日(日)  *23(水)休廊
吉田文子  個展 【略歴】
1983年 藤ヶ谷忠之に油絵の初歩を学ぶ
1985年 独立美術協会会員の来栖重郎に師事
      女流画家協会展に出品入選
1990年 上野の森美術館絵画大賞展に出品
1994年 昭和会展に招待出品 (日動画廊)
1995年〜各地で作品展多数
2007年  ふたり展 (Gallery FIRSTLIGHT)
2009年  個展 (静岡安心堂)
      「住楽考展」(神楽坂アユミギャラリー)以降毎年
2010年  「冬の贈り物」(ギャallery FIRSTLIGHT)
2012年  個展 (静岡安心堂)
      「冬の贈り物」(ギャallery FIRSTLIGHT)
2013年  親子でふたり展 (ギャラリー銀座)
「秋うらら」 
 − 帽子小屋kita-kamakura  ・ *シゲタタケミ
   二人展

                    終了

  16/11/5(土)〜11月13日(日)  *11(金)休廊
帽子小屋kita-kamakura : 帽子&カクテルハット
*シゲタタケミ : 手織り巻きもの
帽子小屋kita-kamakura
2004年〜   北鎌倉を拠点に、オーダーメイドを中心とした
         リジナル帽子&カクテルハット「HIRORIN-BOW」創作を開始
2005年9月〜 アトリエ・教室&ショップの要素がギュッと詰まった
         「帽子小屋 kita-kamakura」を新規オープン


*シゲタアケミ】
2002年頃 初めて織りを体験
2003年頃 グループ展や手づくり市への参加を開始
2005年  羊毛の紡ぎを開始
2006年  大阪にて初個展
「BALAM collection 2016」
         - メキシコからの贈りもの -

                    終了

  16/10/13(土)〜10月22日(土)  *18(火)休廊
BALAM  個展 【BALAM】
大学卒業後、貿易会社やアクセサリー製造会社などに勤務。
2006年よりメキシコ在住。
現地で産出する美しい天然石と、一編みずつ手で編みこんでゆくマクラメの技法に魅了され、オリジナルアクセサリーブランドBALAMを設立。毎年秋に来日し、イベントへの出展やギャラリーにて作品を展示販売しています。
「ヒカリのハコ」 
 − 末國清吉 吹きガラス展

                    終了

  16/10/1(土)〜10月9日(日)  *6(木)休廊
末國清吉  個展 【略歴】
1974年 栃木県 足尾町に生まれる
1999年 京都府 晴耕社ガラス工房 荒川尚也氏に師事
2005年 広島県 三次市粟屋町に山嶺堂硝子製作所を設立
2014年 広島県 三次市三和町に工房を移転
「秋みちて」 
 − 古田土照子 ・ 前川かおる 二人展

                    終了

  16/9/16(金)〜9月26日(月)  *20(火)休廊
古田土照子 : 染織
前川かおる : オリジナルウェア
草木で糸を染め、丹念に織りあげられた古田土さんの布。ときにやさしく風にゆらぎ、ときに柔らかく日を遮る。秋の暮らしに寄り添うさまざまな織物をご紹介します。
前川さんの新ブランド「ORULI」も、草木染めの糸で織る生地づくりから。着心地の良さと、自分らしく自由に着回せるデザインは、毎日の装いを楽しくしてくれます。
「3 TYPE」 
 − 田中遼馬 陶展

                    終了

  16/9/3(土)〜9月11日(日)  *8(木)休廊
田中遼馬  個展 グレイッシュトーンの色彩と、洋ナシや林檎、レモンといったパターンを配置したデザインが印象的な田中さんの器。可愛らしい印象が強いのですが、実はその使いやすさにも定評があります。
二年ぶりとなる今回の個展では、温めてきた新しいシリーズもいち早くご紹介。モダンテイストの魅力をお楽しみください。
「吉 * キチ * BANG!BANG!」 
 - 作家Zakka百貨展 vol.5 -

                    終了

  16/8/21(日)〜8月31日(水)  * 25(木)休廊
蛙月庵 ・ 石原実 ・ おおらいえみこ ・ 喜多村素子
三階朝子 ・ タナベアツ子 ・ 田辺直美 ・ 田村智美
時任亜矢子 ・ 中井絵津子 ・ 永島幸子 ・ 橋本尚美
みずのよしえ ・ 松本里美 ・ まなかふみこ ・ 岬真南
ひであつ ・ 山下健一郎 ・ 山田奈乙介 ・ 渡邉朋子
かご雑貨shiny circleやまたかすみこ  (順不同)

版画展企画ユニットEQIPとの共同企画展です。
夏の思い出に残るお祭り気分満載の本展も、おかげさまで第5回目を迎えました。
参加するクリエイターは21人。初回からのベテラン組も、フレッシュなニューカマーも、思い思いに情熱を注ぎ込んだ渾身の雑貨を出品します。
微力ながら、被災地・熊本の皆さんを応援するチャリティー販売も行います。
「Sea x Sky」 
 − 植木栄造 吹きガラス展 10

                    終了

  16/7/9(土)〜7月18日(月)  * 14(木)休廊
植木栄造  個展 【略歴】
高知県出身
札幌北創庵ガラス工房にて吹きガラスを学ぶ
その後、ザ グラススタジオ イン ヨコハマ(現 横浜硝子)に入る
2006年、高知に帰り、海辺のガラス工房kiroroanを設立
2007年より、Gallery FIRSTLIGHTにて毎年個展
「紳士録」 
 − 松本里美 銅版画展

                    終了

  16/6/25(土)〜7月3日(日)  * 30(木)休廊
松本里美  個展 【略歴】
東京版画研究所を経て銅版画工房「inJelly Factory」設立

2002    青山ギャラリーハウスマヤ 個展「柳ホテル」
2005     銀座伊東屋 個展「Live together love creatures」
2008    大森・Gallery FIRSTLIGHT 個展/ライヴ「Bronze & Willow」
2010    国立・亀福 個展/ライヴ「柳模様の物語」
2011    表参道画廊 二人展「蔦う模様」
2013    銀座・あかね画廊 個展
2014    日本橋三越 「ダイヤモンドを巡る7つの永遠の物語」
       ホテルニューオータニ 三越美術逸品会

2014    音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2015」における
      ART PRINT JAPANのオリジナル音楽グッズをデザイン
「夏を待つ部屋」 
 − そがまつみ ・ 花ぐるみ* 二人展 −

                    終了

  16/5/18(水)〜28(土)  * 22(日)休廊
そがまつみ : フェルト
花ぐるみ* : インテリア小物+アートフラワー

(インテリアコーディネーター/スタイリスト・福林恭子
 フラワー&グリーンコーディネーター・川嶌良子

【そがまつみ】
2004     東京・表参道 OPAギャラリー 初個展(2010年まで継続)
2005     東急百貨店東横店催事に初参加
2006     「作家と古道具店」展参加
        恵比寿三越・東急たまプラーザ店イベント参加
2007     東京・清澄白河TeaRoom gallery楽庵 個展(以降現在も継続)
        日本橋三越本店イベント開催
2009     Gallery DOMA 個展
2010     unkamura craft collection 参加
2014     伊勢丹新宿店 イベント参加

【花ぐるみ*】
福林恭子
・モデルルームスタイリング、各種媒体の撮影用インテリア・雑貨スタイリング、記事執筆
・ショップコーディネート、イベントコーディネートを手掛ける
・2009年にユニット《花ぐるみ*》として活動を展開
川嶌良子
フラワークラブタケダ主宰の武田美津子に師事。 恵友会プランツフラワースクールで教師資格取得
・2009年にユニット《花ぐるみ*》として活動の場を広げる
「be active」 
 − 佐藤文子 藍染展

                    終了

  16/5/5(木)〜5月15日(日)  * 12(木)休廊
佐藤文子 個展 【略歴】
1990    藍作農家に住み込み藍の世界に入る
1993    埼玉県羽生市の藍染作家・鈴木道夫氏に師事
        藍の天然灰醗酵建ての維持・管理を学ぶ
1994    湧水をを求めて山梨県都留市の山奥に工房を設立
1995〜   関東を中心にギャラリー、デパートで作品を発表
2010    ART BOX international INC. 出版
       「染。織・ファイバーアート VOL.10 91人が表現する美の世界」
       に記載される
2011, 2013 アメリカ合衆国カリフォルニア州よりSilk Study Tour
        (Ms. Maggie Backman と Ms. Glennis Dolce による企画)
        藍染工房の見学
「ふんわりゆらり」 
 − 平厚志 ・ 中矢嘉貴 二人展 −

                    終了

  16/4/16(土)〜24(日)  * 21(木)休廊
平  厚志 : 焼きもの
中矢嘉貴 : 木もの
平 厚志
1996     沖縄県立芸術大学 陶芸コース卒業
1997     原清先生に師事
1999     千葉県市川市に築窯
2005〜   参陶空間展(青山・桃林堂画廊)
2007〜12  個展(浦安市・ギャラリーどんぐりころころ)
2013     個展(国立市・匙屋)
        個展(青山・うつわ楓)
2015     静岡県清水市に移転

中矢嘉貴
1997     立命館大学 理工学部 機械工学科 大学院 卒業
2002     森林たくみ塾(岐阜県高山市)入塾、木製品製造技術を習得
2004     オーク・ヴィレッジ (岐阜県高山市)入社、箱物家具制作を担当
2009     静岡県富士宮市にて「木ものNAKAYA」設立
2010〜14  個展(静岡県富士宮市 江戸屋本店 ギャラリー)
2012〜13  個展(大森 Gallery FIRSTLIGHT
2013     個展(静岡県富士宮市 芸術空間あおき
「季節のしたく * 卯月」 
                    終了

  16/3/31(木)〜4月10日(日)  * 3(日)休廊
サクラサク : アクセサリー
ocomoco : バッグ
studio ventvert : 巻きもの
オリジナルデザインの金具と天然石を組み合わせ、遊び心を効かせたサクラサクさんのアクセサリー。春を呼び込むような軽やかさが光ります。
海外のテキスタイルを使ったオリジナリティの高さが魅力のocomocoさんのバッグ。軽くて型崩れしないなど使い勝手の良さも抜群です。
studio ventvertさんの巻きものは、草木染め・手紡ぎ・手織りで仕上げたものをメインにご紹介。優しい風合いが春の空気感にマッチします
「美濃のうつわ」 
                    終了

  16/3/15(火)〜27(日)  * 17・24(木)休廊
加藤三英 作陶展 【略歴】
昭和43年生まれ
加藤孝造主宰の「風塾」に参加
美濃陶芸展中日奨励賞受賞
日本新工芸展東京都知事賞受賞

高島屋、松坂屋などで個展開催
「炭化灰釉花器 銀波」美濃陶芸作品永年保存事業選定
美濃陶芸協会会員
「Colors in Oasis」 
                    終了

  16/3/5(土)〜13(日)  * 10(木)休廊
秋ゆかり 絵画展 当ギャラリーで2年ぶり5回目の個展。
“秋ゆかりワールド”がさらにパワーアップして帰ってきます。

【略歴】
静岡県出身
1984年、東京モード学園在学中に「ファッションクリエーター新人賞国際コンクール日本グランプリ」受賞。卒業後、パリ留学を経てファッションデザイナーとして活躍。
1998年、日仏現代作家美術展入選を機に本格的に絵の世界へ。以後、国展、女流画家協会展など入選多数。
「やわらかなヒカリ」 
 − 広沢葉子 ・ 和田忠実 二人展 −

                    終了

  16/2/18(木)〜27(土)  * 23(火)休廊
広沢葉子 : ガラス
和田忠実 : 陶磁
広沢葉子
1987   東京ガラス工芸研究所研究科修了
1988   ロチェスター工科大学ガラス科留学(アメリカ)
      ヘイスタックマウンテンクラフトスクール (アメリカ)
1994   「世界現代ガラス展」 北海道立近代美術館
1996   「淡交ビエンナーレ」 裏千家茶道資料館
     「Contemporary Glass from Japan」スモランド美術館
                                (スウェーデン)
     「Made in Japan」エベルトフトガラス美術館 (デンマーク)
1993   「日本の新しいガラス展」 デュッセルドルフ美術館(ドイツ)
2003   「日本の現代ガラスアート展」 ガラスピラミッドギャラリー
                                (ハンガリー)
2010  2010 「ガラスアート2010日本ガラス工芸協会選抜展」
                           WAKO並木ホール (東京)
和田忠実
1980〜85 大阪で舞台美術の仕事に従事
1986    愛知県立窯業職業訓練校で学ぶ
1987〜89 築窯工場に勤務
1989    愛知県長久手町に築窯・独立
1993    山梨県大月市に築窯・現在に至る
「新谷頼子 町田美千代 二人展」 
 − モダンジュエリー & デザイナーズタッセル −

                    終了

  16/2/6(土)〜14(日)  * 9(火)休廊
新谷頼子 (工房莉珠) : ジュエリー
町田美千代 (SURREY TASSEL) : タッセル
精力的に渡欧し、創作意欲を掻き立てられるヴィンテージパーツを発掘するところから始まる新谷さんのジュエリーづくり。品の良い大人のステートメントジュエリーとして多くのファンを獲得しています。
インテリアや衣服の装飾品として、様々なデザインで作られてきたタッセル。ここに来て、カラフルなファッションアイテムとしても流行の兆しがあります。本展では、タッセルデザイナーの町田さんの作品を通じて、奥深いその魅力と、アクセサリーとしての楽しさをご紹介します。
「春オモフ時間」 
                    終了

  16/1/23(土)〜31(日)  * 28(木)休廊
cross ito : 手紡ぎ・手織りの帽子と巻きもの
田之上尚子 : イラスト
出羽律子 : 布バッグ・小物他
気持ちが浮き立つ一年の始まり。もうじきやって来る春に向けて、何か一つ、生活の中に新しいものをプラスしてみませんか。すぐに使いたい巻きものや帽子、持っているだけで楽しいバッグや小物たち。物語の挿絵のように心をとらえるイラスト・・・暖かさと楽しさをたくさんご用意いたします。



■Home
□2006年展覧会 □2007年展覧会 □2008年展覧会 □2009年展覧会 □2010年展覧会 □2011年展覧会 □2012年展覧会 □2013年展覧会
□2014年展覧会 □2015年展覧会 □2017年展覧会