2010年に開催した展覧会です
(案内状の写真をクリックすると大きな画像が開きます)

会期 展示作家・内容 案内状 備考
「冬の贈り物」  終了

   10/12/12(日)〜12/25(土)
   フェルト・石川優子
   絵・貝原亜理沙
   リース・金澤恭子
   陶・櫻井あゆみ
   絵・竹馬のりこ
   絵・吉田文子
クリスマスシーズンに開催するシリーズ企画「冬の贈り物」。身近な人を思い浮かべながらギフトを選んだり、一年間がんばった自分へのプレゼントを探したり・・・今年もワクワク感満載の2週間です。

17(金)・18(土)にはお正月飾りのワークショップも開催。フラワーデザイナー金澤恭子さんに教えて頂きながら、可愛らしいお飾りを作ります。
★詳細は左の案内状をクリックしてご覧ください。
「朝な夕な」  終了

   10/11/30(火)〜12/8(水)
飯田浩丈の土鍋と日々のうつわ 07年の土鍋、09年の茶器に続き、3回目となる飯田さんの作品展。手作りでは珍しい楕円型など、バリエーション豊かな土鍋の数々に加え、朝から晩まで活躍してくれる様々な器たちをご紹介します。
「江戸真紀子 日本画展」  終了

   10/11/5(金)〜11/10(日)
江戸真紀子 日本画展 - 秋果 - 本格的な個展は久々となる江戸さん。本展の代表作「秋果」をはじめ、身近な自然が見せる輝きや愛おしさを岩絵の具の美しさに託して描きだしました。今の私たちの生活に溶け込む、そんな日本画がご覧頂ける作品展です。
「秋の言の葉」  終了

   10/10/26(火)〜11/2(火)
ナチュラルウェアブランド
茶安土(ティアンド) 秋の装い
09年秋から季節の装いをご紹介している茶安土。この秋の新作を単品で際立たせても、定番のラインと組み合わせても。。。。自由で気持ちの良い着こなしを提案します。
「見せるミミ、隠すミミ」  終了

   10/10/1(金)〜10/10(日)
森本ひであつ 絵画展 ライブペインティングやワークショップなども精力的に行ってきた、森本ひであつさんの個展です。向き合った瞬間、ふと心が溶け込んでしまう・・・あなたに寄り添う特別な一枚の絵と出会える、心温まる作品展です。
「夏風のモチーフ」  終了

   10/7/26(月)〜8/3(火)
アクセサリー 四人展
   SIRUP 荒井有紀
   siki 鯉渕みどり
   glass hoppers 芳賀紀子
   ma-mei 山下麻実
身に着けた瞬間、ガラッと気分を変えてくれるアクセサリーの力。蒸し暑い夏も、お気に入りのアクセサリーで楽しく乗り切りましょう!
四人の作家が取り組むモチーフは、琺瑯・メタル・ガラス・天然石など。オリジナルデザインでそれぞれの持ち味を生かした手作りの品々を、どうぞ手にとって、身に着けてお楽しみください。
「玉手箱」  終了

   10/7/9(金)〜7/18(日)
植木栄造 吹きガラス展 毎年恒例となった植木さんの作品展も、今年で4回目を迎えます。本展では、植木さんならではの夏らしい器のほか、これまでに発表してきたシリーズから、一点ものの作品をご用意します。あなただけの、ただ一つの宝物を探しに来て下さい。
「藍-染-付」  終了

   10/6/22(火)〜6/30(水)
藍染 (藍染工房AYA 佐藤文子)
染付 (陶房回青 櫻井理人)
“土から生まれ土にかえる自然発酵建てそのものが私のライフワーク”と話す佐藤さん。理想の水を求めて工房を構えた山梨で、日々、藍染に取り組んでいます。
櫻井さんの染付のモチーフは、クラシックなイメージの草花や、身近な道具類まで、多彩な世界観が特徴。やわらかく滲む染付の青が、蒸し暑い季節に清涼感を添えてくれます。
「two existence」  終了

   10/6/12(土)〜6/20(日)
ブロー (君島修二)
カット (君島恵里子)
ガラスの魅力を異なる手法で追求する二人の、初めての二人展です。修二さんのブローの作品は、日常使いの器からユニークなオブジェまで、楽しさが満載。カットが施された恵里子さんのアクセサリーや器は、光と影が生み出すさまざまな表情も美しさの魅力です。
「男の仕事 二人展」  終了

   10/6/1(火)〜6/9(水)
ジュエリー (市川治之)
鞄 (冨田 実)
市川さんのジュエリーは、普段着で気軽に使えるものから、ゴージャスな石をあしらったものまで幅広くラインアップ。メンズユースの小物もご用意します。
冨田さんの鞄は、男性物を中心にビジネスバッグや旅行鞄など。カチッとした印象の女性向けバッグもご覧いただけます。
「夏のクローゼット」  終了

   10/5/25(火)〜5/30(日)
ナチュラルウェアブランド
茶安土(ティアンド)春夏の装い
夏が近づいてきました。
強い日差しに汗ばむ日も、少し肌寒い雨の日も、いつもやさしく包んでくれる茶安土の服。組み合わせが楽しめるのも魅力です。
「がらすびと展」  終了

   10/5/15(土)〜5/23(日)
浄玻璃工芸社・がらすびと工房の
作品展
本展で4回目となる、がらすびと工房に集う人々の作品展。うつわ、オブジェ、アクセサリーなど、カットグラスやキルンワークで制作した逸品たちを、どうぞご高覧下さい。

   賛助出品:サンドブラスト作家・岡村 徹
               (岡村クラフト工房)

「Turkey Turkey Turkey」  終了

   10/4/23(金)〜5/1(土)
アールダン・キュルシャドが紹介する旬なトルコ トルコ出身のアールダン・キュルシャドさんが、目と足で集めた故郷トルコの工芸品。私たちの知らない、まだ見ぬトルコの魅力満載の展覧会です
「はる * 咲き」  終了

   10/3/5(金)〜3/13(土)
器と絵 二人展
   鈴木 環  (器)
   村西恵津 (絵)
身近にある小さな驚きや喜びを、細やかな感性ですくい取る村西恵津さん。瑞々しい筆致で表現された絵には、一瞬の心の動きが煌いています。
鈴木環さんが生み出すのは、現代の生活に馴染む洗練された粉引の器。その白さには、どんな料理も受け入れ、引き立たせる寛容さが秘められています。
本展では、新芽のようにしなやかで力強い村西さんの絵と、白くまっさらな鈴木さんの器が出会う風景に、心踊る春に咲く、さまざまな想いを投影します。
「暮らしの手ざわり」 終了

   10/1/30(土)〜2/6(土)
織と鍛金 二人展
   藤原みどり  (織)
   田口司緒里 (鍛金)
   
私たちは毎日、どれだけのものに触れて生活しているのでしょう。あたたかかったり、ひやっとしていたり、ふわふわだったり、すべすべだったり・・・。あなたのお気に入りの手ざわりは、どんな感じですか?
手紡ぎ・手織りで生活に寄り添う布を生み出す藤原さん。金属の板をたたいて温もりのある道具をカタチにする田口さん。お二人の手仕事の感触が味わえる展覧会です。



■Home
□2006年展覧会 □2007年展覧会 □2008年展覧会 □2009年展覧会 □2011年展覧会 □2012年展覧会 □2013年展覧会 □2014年展覧会
□2015年展覧会 □2016年展覧会 □2017年展覧会